子どもの癇癪は事前の配慮で回避しながら適切なサポートをしていきましょう。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-03-27

子どもの癇癪は、乳幼児期から児童期まで見られることがある症状で、
怒りや不安な気持ちがコントロールできなくなって
大声で泣き叫んだり、奇声をあげたり暴れたり、
時には自分や人に危害を加えてしまうこともあります。

癇癪を頻繁に起こすと発達障害を疑われる方も多いと思いますが、
必ずしも癇癪が多いからといって発達障害とは限りません。
しかし、発達障害があるとやはり感情のコントロールが難しかったり、
言葉の遅れやコミュニケーションの苦手さがあって
自分の感情や要求を相手に伝えられずもどかしさが多かったり、
持っている特性ゆえに癇癪を起こしやすい場面が多々あります。

癇癪は一旦起こしてしまうと、それを鎮めるのは時間がかかり、
本人にとっても大きなストレスになってしまいます。
できるだけ癇癪を起こさずに生活ができるように事前の配慮や工夫で
回避していったり、様々なツールを活用したり、
気持ちを静めるための自分なりの対処法を身につけるなど
周囲がサポートしながら対応していくことが大切です。

私達は放課後等デイサービスの教室で、子ども達1人1人の特性に
合わせながら療育支援を行なっています。
療育活動を続けていくことによって、子ども達のかんしゃくや
パニックと呼ばれる症状はかなり減ってきます。
そうして少しずつ良い方向に導きながら、子ども達が日々の生活をスムーズに
送ることができるように支援を続けています。

発達障害特性を持っていたり、その他障害があって支援を必要としている
子ども達に療育支援を提供する放課後等デイサービスの教室を
フランチャイズで始めてみませんか。
私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.