失敗経験よりも成功体験を多く積み、自信を持たせるようにしていきましょう。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-07-11

自閉症、アスペルガー症候群、ADHDなどいろいろな発達障害がありますが、
すべてに共通することは、失敗経験を減らし成功体験を増やすことが大切という点です。
発達障害を持つ子ども達は、「みんなと同じように」が苦手で、
周りの子に比べてできないことが目だってしまうかもしれません。
それによって本人も自信を無くし、自己肯定感も低くなっていってしまいます。

「みんなと同じように」ではなく、その子のペースで進め、
1つ1つは小さなステップアップで続けていくことで達成感や成功体験を増やし、
自分に自信を持てるようにしていくことが大切です。
簡単な取り組みばかりでも、続けることで本人には自信になり、
少しずつ次の課題へ挑戦できるようになっていくこともあります。
周囲は焦らず、ゆっくりと見守っていくことも大切だと思います。

私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズの教室でも、
様々な発達障害を持つ子ども達が通っていますが、
1人1人に合わせたカリキュラムで指導するようにしています。
運動も学習も、スモールステップで成功体験をたくさん積むことができるように
専門の知識を持ったスタッフが丁寧に対応しています。
保護者の方としっかり情報を共有し、一緒に子どもの育ちを喜ぶことができる教室です。

教室を始めてみたいという方は、ぜひご連絡ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.