前頭前野を刺激する療育でADHDなど発達障害の症状改善につなげます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-02-13

ASDやADHDなどの発達障害は先天性の脳機能障害で、
発達障害と脳の前頭前野はとても密接に関わっています。

私達の放課後等デイサービスで提供している運動療育では、
体だけでなく、この「脳」を育てることができます。
脳の前頭前野が司っている「考える力」「集中する力」「意欲」
「想像する力」「記憶する力」「コミュニケーションする力」
「学習する力」「行動や感情を制御する力」「やる気」
といった力を、運動あそびによって身につけていくことができるのです。

発達障害の中でもADHDでは、前頭前野の活性が低い傾向にあると
言われているので、前頭前野を刺激することがとても大切です。
前頭前野を刺激するには運動することがとても効果的です。
そして、その運動はただ体を動かせば良いのではなく
「楽しい」「心地よい」と感じるようなものでなければなりません。

私達の運動あそびは、子ども達がやりたくなるような楽しい内容で、
段階を追ってスモールステップで進めていくので、
達成感や成功体験をたくさん感じることができます。
これによってさらにやる気を高め、どんどんできることが増えていき、
自分に自信を持つことができるようになります。

発達障害の子ども達にとって自分に自信を持つことはとても大切なことです。
長い人生を安心して暮らしていけるようにするために、
子ども達を支援・サポートしていきましょう。

フランチャイズの教室を始めてみたい方は、ぜひ下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.