個々に合った療育支援が苦手の克服やスキルアップにつながります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-11-27

発達障害を持つ子ども達では、日常生活において多くの苦手や
困難さがあり、それぞれの原因や背景となっていることを
しっかりと見極めながら、適切な方法で支援・誘導を
してあげることがとても大切です。

例えば食事中にスプーンや箸がうまく使えていない、
食べこぼしが多い、遊び食べをする、座っていられない
というようなことがありますが、
その行動自体を直そうとする前にその原因を探る必要があります。

おもちゃが散らばっていないか、テレビは消してあるか、
椅子やテーブルの高さやお皿やスプーンなど道具が
合っているか、子どもの苦手な食べ物の様子や
おやつの内容や量などをまずは細かく見てみます。

こうした環境要因だけでなく、座るための体幹の筋力が
不足している場合や指先がうまく使えない場合など、
子ども達1人1人でその苦手さは異なります。
1人1人の発達段階を把握し、それぞれに合った環境調整、
療育的支援をしてあげることが必要です。

私たちは放課後等デイサービスの教室で、
発達障害などを持ち生き辛さを感じている子ども達に
療育活動を提供しています。
子ども達が今感じている困難や生き辛さを軽減させ、
持っている力を引き出し伸ばしながら
将来的な自立につながる力を身に付けていけるように
1人1人に合った療育を行なっています。

主軸は運動あそびによる運動療育で、体の発達だけでなく
心と脳の発達も効果的に促していき、
それぞれが必要としている力を効率よく育てられるように
働きかけています。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.