ダウン症の精神的、身体的な遅れも療育である程度改善します。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-05-23

ダウン症は妊娠中にわかることも多く、生まれてから1ヶ月ほどの間に
診断されることがほとんであると言われます。
顔つきに特徴があることや筋肉量の少なさからくる動作の特徴などで、
早い段階で気付くのもダウン症の特徴です。
しかし、中にはモザイク型といわれる顔に特徴のないダウン症もあり、
なかなか気がつかないこともあります。
ただ、症状はあるので成長の過程で違和感を感じて検査したら
ダウン症だったということもあります。

どちらにしても、早い段階での療育がカギになります。
ダウン症では精神発達の面での遅れも特徴ですが、
療育によって改善していくことができます。
成長はとてもゆっくりですが、根気良く行なうことで必ず成長していきます。

私たちの放課後等デイサービスでは運動療育を主軸としていますが、
ダウン症のように運動面では気をつけなければいけない子でも行なえるように、
調整することができるので安心です。
その子の段階に合わせて提供することができるのが魅力のプログラムです。
たくさんの子ども達に療育を提供し、能力をあげることで
ストレスを減らした生活を送って欲しいと思います。

教室はフランチャイズ展開しています。
教室運営に興味をお持ちの方はご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.