ストレス耐性の低いADHDでは適切な対応が大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-07-18

ADHDの子ども達は、ストレスに対する耐性が低い傾向にあり、
個人差はありますがストレスに弱いと言えます。
ただでさえストレス耐性が低いのに、ADHDの特性によって
起こる行動が原因になって、さらにストレスを増やすこともあります。

衝動的に発言をしてしまうことで友達の反感を買ったり、
授業に集中できなくて先生に注意を受けたり、
何度同じことを言われても失敗を繰り返したりということが
日常的にあり、時には本人が良かれと思ってしたことが
裏目に出てしまう場面も少なくないので、
傷ついたり自己肯定感を下げてしまう状態になりやすいのです。

大事なことは、本人は決して悪気があってやっているのではないことを
周囲が理解し、適切な対応をすることです。
適切に対処していくことで、発達障害児の問題行動や
不適応行動と呼ばれるようなものは減っていきます。

そしてもう1つ大切になってくるのが療育活動です。
子どものうちに、しかもできるだけ早い段階から
療育を受けることで、将来自立した生活が送れるようになります。

私達の放課後等デイサービスの教室は、運動療育や学習サポートなど
様々な療育活動を提供する総合教室です。
その子に合わせた療育カリキュラムで療育を行なうので、
子どもの能力を引き出し、良いところを伸ばしながら
日常生活での困り事を減らしていくことができます。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
フランチャイズでの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡ください。
私達がしっかりサポートいたします。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.