クラスの問題児に見られがちなADHDの子達も、才能を生かすことで成功する可能性が高いともいえます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-07-26

ADHDは注意欠陥多動性障害のことで、毎日忘れ物ばかりしたり、
授業中に座っていられずに教室の中をふらふらしたりと
クラスの中では問題児のように見られてしまうことがありますが、
ADHDを持った人達は、その特別な才能を生かして様々な形で成功を収めている人が多くいます。
起業家や経営者、芸術的な才能を発揮して活躍できる可能性は大いにあります。

しかし、何もしなければ個性を伸ばしてあげることができません。
適切な療育やサポートが、その子の良い部分を伸ばし、不足している部分を補ってくれます。
まずは将来社会に出て自立した生活ができることを目指し、
できるだけ早い段階での療育を受けることが大切です。

ADHDの子は人間関係のトラブルや、できない自分への苛立ちや劣等感を感じることで
心も病んでしまうことがあります。
そういった二次障害を避けるためにも療育が必要になります。

私たちの放課後等デイサービスの教室では、1人1人の発達段階に応じて療育を提供しています。
個々に必要なものが違うので、その子に今必要な力を補うための療育カリキュラムを作り、
専門知識を持ったスタッフが指導を行なっています。
内容は運動療育や学習サポートで、子ども達が積極的に取り組めることを大事にして日々活動しています。

教室は全国にフランチャイズ展開していますので、興味をお持ちの方はご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.