なかなか気付かないこともあるアスペルガー症候群は誤解を受けやすい障害です。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-04-08

アスペルガー症候群は、自閉症の症状のうちで言語の遅れがないものです。
また、知的な遅れも伴わないために、「変わった人」と思うだけで
本人も周囲も障害に気がつかないことがあります。
そのために誤解を受けやすく、本人は強くストレスを感じ
孤独感を強めていることも多くあるケースです。
親も気付かない場合は、間違った方法で接してしまうこともあり、
さらに症状を悪化させてしまうこともあります。

アスペルガー症候群の人は優れた能力を秘めていて、
専門分野で優秀な成果を上げて活躍している人もたくさんいます。
しかし、その能力を発揮するためには何よりも周囲の理解と
サポートが必要なのです。

私たちは放課後等デイサービスのフランチャイズを展開し、
こうした発達障害を持つ子ども達の支援を行なっています。
療育手帳を持っている子ども達が通うことができる教室で、
運動療育を主軸として、学習サポートなども行っています。
1人1人の症状に合わせてカリキュラムを組むことができるので、
無理なく楽しく安心して通うことができる教室です。

フランチャイズを始めるにあたってのサポートはしっかり行ないます。
ぜひ、興味のある方はご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.