LDは早期発見が難しいですが、小さなサインを見逃さず療育を始めることが必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-12-08

学習障害(LD)は、全般的な知能の遅れはないものの、
読む、書く、聞く、話す、計算する、推論するといった能力のうち、
特定の分野の能力の習得が著しく困難であるという特性の発達障害です。

学習に関する内容が主な症状なため、幼児期にはなかなかわからず
小学校に入ってから気付くことが多い傾向にあります。
そして、ただの勉強嫌いと混同されてしまうこともありますが、
勉強嫌いの場合は、ある程度やればできるようになりますが、
学習障害の場合は、やってできるようになるというものではありません。
生まれつき脳機能に障害があることが原因なので、
努力するだけではなかなかできるようにならないのです。

早期発見と、適切な療育を行なうことが子どもの発達においてとても重要です。
私たちも放課後等デイサービスで、子ども達に療育を提供しています。
子どもによって理解のしやすい方法が違うので、
その子に一番適した方法で力をつけていけるようにサポートしています。

教室は全国にフランチャイズ展開しています。
子ども達を支援する教室を始めたい方は、ぜひ下記の連絡先にご連絡ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.