ASD特性を良い方向に伸ばし将来に活かすためには子どもの頃からの療育が重要になります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-10-04

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達の中には、
特定の物ごとについて非常に知識が豊富で
図鑑が丸ごと頭に入っているような子がいたり、
商品の品番や複雑な景色も一度見ただけで覚えてしまうといった
記憶の特徴を持つ子が多くいます。

これは、記憶の特徴の他にも細部に注目して見るという特徴が
関係していて、他の人がなかなか気付けないような
細かい違いも見分けることができたりするのです。
この能力は長所として活かすことができ、
将来の職業につなげていくことも可能ですが、
そのためには子どもの頃からの適切な支援が欠かせません。

なぜならこうした能力がある一方で短期記憶が弱く、
ついさっき言われたことを忘れてしまったり、
人の顔を覚えるのがとても苦手だったり
嫌な記憶もいつまでも鮮明に記憶してしまうので
長期間辛い思いをしたりと、様々な困難があるのです。

発達障害を持つ子ども達は、時に周囲が驚くほどの能力を
持っていることがありますが、それを良い方向に伸ばして
力を発揮できるようにするためには周囲の支援やサポートが
必要になります。

私達も放課後等デイサービスの教室で子ども達に
療育支援を行なっていますが、まずは子ども達1人1人が
生きやすくなることを大事にしながら、
持っている力を引き出し伸ばすことや
社会生活を送る上で必要なスキルを習得できるように
サポートしています。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.