ADHD特性は脳の特性なので努力だけでは改善できず支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-03-14

ADHDの人達はいつも脳がフル回転とか、頭の中が多動だと
表現されることが多いと思います。
そのため、1つのことに集中したり物事を最後までやり切ったり
することはとても苦手な傾向にあります。
年齢が上がるにつれて少しずつ前頭前野も発達し、
処理できる情報量が増えたりもするようですが、小さい時はとにかく
集中以前の問題であることも多いようです。

ADHDでは知的な遅れはないので、物事を理解できないわけでは
ありませんが、頭の中が多動でいつもぐちゃぐちゃしている状態で
その理解が阻害されてしまうということもあります。

これは本人の努力だけではどうしようもないことです。
周囲にいる人がそのことを理解した上で適切な対応をしながら
サポートしていくことが大切です。
もちろんすぐに改善することではないので、その子の成長のペースに
合わせてじっくり寄り添って支援をしていくことが大切です。

私達も放課後等デイサービスの教室で、発達障害やその傾向を持つ
子ども達に療育支援を行なっています。
発達障害の子ども達もその子のペースで成長をしていくので、
1人1人に合わせたやり方で支援をすることで
子どもの力を引き出し、さらに伸ばしていくことができます。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスのフランチャイズでの教室運営に興味を
お持ちの方はぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.