ADHDにもタイプがあり、適切な療育が必要になります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-03-10

ADHDの女の子に多いのは、多動性・衝動性はほとんどなく、
行動面で落ち着きがないということはほぼ見られないのに、
頭の中が多動で、やりたいことや興味のあることが
次から次にわいてきて考えがまとまらないタイプです。

この子達はいつも頭の中がごちゃごちゃしているので、
身の回りもごちゃごちゃしていることが多くなります。
そして、いつもいっぱいいっぱいで余裕がなく、
心身が疲れやすいので、体も不調になりやすかったりします。

ADHDも先天的な脳機能障害なので治療によって
完治させることはできませんが、
子どものうちから適切な療育を受けておくことで
大人になるまでに症状が改善し、特性への適切な対処法も
自分自身で身につけていくことができます。

私達は放課後等デイサービスの教室で、
発達障害の症状がある子ども達に療育を提供しています。
私達の教室に通うことで、子ども達は落ち着きを身につけ、
人の話が聞けるようになり、集中力や理解力、
コミュニケーション能力などを身につけることができます。
様々な能力が身に付くことで子ども達は生活がしやすくなり、
ストレスや不安もへってきます。

子ども達を支援・サポートする教室のフランチャイズを
ぜひ始めてみませんか。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.