ADHDでは毎日のルーティンワークがとても苦手です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-01-25

ADHDの人にとって、やらなければいけない毎日のルーティンは
とても苦手なものです。
子どもなら、学校から帰ったら手を洗う、宿題をする、
お便りを出す、洗濯物を出すなど決して難しくはないことでも
なかなか習慣化することができません。

対策としては、やるべきことをリストにし、やる順番に上から
わかりやすく書いて、目に見えるところに貼っておくことです。
そして、時間がわかっていればそれぞれのやるべき時間を入れ、
少しずつ子どもがそれを見て自分でできるようにしていきます。

そして少しでもできたら褒めることが大切ですが、
褒めるだけでは継続が難しい場合もあります。
その場合は、1つできたらごほうびシールやポイントをもらえて、
たまったら何か1つごほうびを買ってもらえる、
といったトークンエコノミーも有効です。
そして、1つずつできることを増やし自信ややる気につなげていきます。

周囲が適切に対応してあげることで、ADHDの子ども達のできることは増え、
問題行動も減り、本人も暮らしやすくなります。
子どもによって抱えている問題は違ってくるので、
1人1人に適切な対応を考え、対処していくことが重要です。

私達は放課後等デイサービスでASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD
などの発達障害、またその特性を持つ子ども達に療育を提供しています。
教室で療育活動を続けていくことで、子ども達は落ち着いて
話が聞けるようになったり、課題を最後までやり遂げることが
できるようになったり、相手を思いやることができるようになったりと、
日々成長し、パニックやかんしゃくも減っていきます。

私達の提供する運動療育プログラムは、特に脳機能を向上させることが
ポイントになっている唯一無二の運動プログラムです。
この運動プログラムを提供する放課後等デイサービスの教室を
フランチャイズで始めてみませんか。
興味をお持ちの方は、ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.