ADHDなどの発達障害では社会性の面での遅れが現れます。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-05-10

子どもは通常3歳から4歳頃になると、
自分の感情をコントロールする力が身につき、社会性を学んでいきます。
しかし、発達障害のある子どもの場合はこの年齢が遅れる傾向があります。
3歳、4歳になっても友達と一緒に遊ぶ姿が見られない、
会話がかみ合わない、場にそぐわない行動をするなど
気になる症状がある場合は専門機関に相談するのも1つです。

発達障害の子への療育は、早ければ早いほど良いです。
その子の特徴をしっかり理解し、適切な対応の仕方で
療育を行なっていくことでその子の本来持っている力を引き出し、
気になる症状を抑えていくことができます。
それは、将来社会で生きていくための助けになるので、
一日も早い療育のスタートがカギになります。

私たちの放課後等デイサービスでも、運動療育や学習サポートなどを行い、
子どもの自己肯定感を高めていけるような指導方法で指導をしています。
心と体と脳の成長を促す独自の方法で療育を行なっているので、
子ども達は楽しく、保護者の方にも安心して預けていただいています。

全国にフランチャイズ展開していますので、
教室運営に興味のある方はご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.