1人1人の発達に沿った療育で生活を安定させることができます。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-04-20

広汎性発達障害に分類される自閉症は、
社会性(対人関係)に関する障害、言語やコミュニケーションの障害、
強いこだわりや興味の偏りといった症状を主とし、
知的な遅れはある場合とない場合があります。
そして、ADHD(注意欠陥/多動性障害)やLD(学習障害)などと
併発することもある発達障害です。
症状は人によって大きく差があるため、
その子の傾向や、苦手でパニックを起こしやすい状況、
理解しやすい方法などをしっかり見極めた対応が必要です。
発達障害を持つ子は感覚過敏や、五感の過敏さもあり、
通常より多くのストレスを感じているといいます。

この子たちの症状を少しでも和らげ、生活しやすくなっていくように
私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズでは療育を提供しています。
療育内容は、脳機能を向上させる効果のある運動療育プログラムを主軸として、
学習サポートなど様々です。
その子に合った指導方法とカリキュラムで支援をしています。
そして、送迎つきなので保護者の方の負担も減り、
安心して通っていただくことができる教室です。
あなたも、子ども達の笑顔が溢れる明るい教室運営を一緒にしていきませんか?

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.