障害特性で、興味がないことには取り組めない場合があります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2020-02-10

ASD(自閉症スペクトラム)やADHDなどの発達障害の
特性を持っていると、生活面でも学習面でも様々な
困難やストレスがあります。

例えば、興味のあることには集中して取り組めても、
興味の持てないことにはまったく集中できなかったり
後回しにしてしまって結局取り組めないという
特性を持っている子ども達がいます。
誰でも興味のないことはおもしろくないし
できればやりたくないという気持ちはありますが、
それが発達障害の特性によるものの場合
その比ではないので、
やらなければいけないとわかっていても
なかなか取り組めないし進まず、支障が出てきます。

生活の中ではやりたいこととやるべきことが
常に混在しています。
発達障害に関わらず、子ども達は将来の社会生活に向けて
やるべきことをしっかりとこなしていけるように
力をつけていくことが必要です。
そして、発達障害による特性でそれが困難な場合には、
周囲のサポートを受けて試行錯誤しながら
1人1人に合った方法を見つけていくことが必要です。

私たちの放課後等デイサービスの教室は、
1人1人に合わせた個々への支援・サポートを大事にしています。
子ども達の困りごとを減らして生きやすさを確保し、
それぞれが必要な力を確実に身に付けていけるようにしながら
将来につながるサポートを行なっています。

教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.