自閉症は完治はしませんが療育によって大きく改善することができます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-09-20

自閉症は先天性の脳機能障害による発達障害です。
主な症状は、社会性の障害、コミュニケーションの障害、行動や興味の強いこだわりや偏り
といった3つがありますが、他にも多動であったり、感覚過敏があったり、
睡眠障害があったりと、その症状は様々です。

そして、自閉症の診断がされるのは大体3歳になった頃からです。
3歳までは発達の個人差も大きく、なかなか判断できません。
ただ、1歳や2歳でも発達障害であれば何かしらの症状は出ているようです。
もちろん、後から思い出してみれば、という程度のこともあります。
大事なことは、気がついた時点で早期に対処することです。
療育によって症状を改善していくことができ、大人になるまでにほとんど気にならなくなった、
という人もいますし、最先端で活躍されている方も多くいます。

子ども達の持っている能力を最大限に引き伸ばせるように適切な対応をし、
療育を始めることが子どもの将来のために大きな意味を持ちます。

私たちは発達障害を持つ子ども達を支援する放課後等デイサービスの教室を
全国にフランチャイズ展開し、活動しています。
教室を始めたい方は私たちがしっかりサポートしていきますので、ぜひご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.