自閉症の根底にある脳機能障害の改善を促すのが療育です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-09-16

「療育」とは「治療教育」の略語で、ハンディキャップを持っている人の能力を
最大限引き伸ばすために行なわれています。
療育を受けることで今悩んでいる症状が改善するだけでなく、
新たにできるようになることもどんどん増えていくことが多いのです。

自閉症のある人にとって、療育はとても効果的な治療方法です。
早期に療育に取り組むことで、自閉症の原因と言われている脳機能の問題を改善させて、
できるだけ早く社会に適応できる力を身に付けていくことが大切です。

私たちの放課後等デイサービスの教室でも療育を提供しています。
子ども達が日常生活で必要な力を1つ1つ確実に身に付けていけるように
専門の知識を持ったスタッフが子ども達をお預かりしています。

主軸としているのは運動療育で、他にも学習サポートなども行なう総合教室です。
運動療育では簡単な運動あそびをしながら、心と体と脳を育てられるように
日々楽しく、効果的に遊ぶことを大切にしています。

教室は全国にフランチャイズ展開しているので、
教室運営に興味をお持ちの方はぜひご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.