脳機能を向上させることで、発達障害の症状は改善していきます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-08-29

発達障害(自閉症スペクトラムやADHDなど)は、先天性の脳機能障害によるものです。
生まれつきのものですが、適切な対応をとることで発達障害の症状は改善し、
大きくなる頃には社会に適応できる力を身につけることも可能です。
もちろんその症状や程度には大きく個人差があり、
改善に要する時間や改善の程度には差がありますが、
早期にその子に合った療育や教育を受け始めることが重要です。

発達障害は脳機能の問題なので、運動することもとても効果的です。
運動によって認知機能が高まることはすでにわかっていることなので、
継続的に体を動かすことが大切です。

私たちの放課後等デイサービスの教室では、運動療育を主軸としています。
ただ、体操教室と違って技術習得を目的としていません。
まずは体を動かすことを好きになってもらうために楽しい運動あそびをし、
1つ1つの力を遊びながら確実につけていくことで、
結果として技術習得ができる、というのが私たちの提供している
運動療育プログラムの大きな魅力でもあります。

そしてもう1つの魅力は、個々によってレベルを調節できることです。
1人1人で発達や能力には差がありますから、
それぞれの段階に応じた遊びを提供できることがとても重要になります。

何よりも子ども達が楽しく活動できることを大切にしながら、
その子が必要としている能力を育てていくことができる教室です。
教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
教室運営に興味をお持ちの方はいつでもご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.