聴覚や触覚などの感覚過敏はASDに多い特性です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-05-08

発達障害のある人の中には、聴覚に過敏性のある人がいます。
ASD(自閉スペクトラム症)の人に多い特性ですが、
ASDでも聴覚過敏がない人もいます。

苦手な音は人によって異なりますが、日常生活の中では一歩外に出れば
車や電車の音、子どもの騒ぐ声や犬の鳴き声、信号の音やエアコンの音など
様々な音が溢れています。
そのため、少し外出するとひどく疲労してしまったり、
子どもではパニックのきっかけになってしまうこともあります。

特に体調が悪かったり、不安が強かったりするときには、
聴覚過敏が強くなりやすい傾向がありますが、
聴覚過敏やその他感覚過敏の辛いところは、周囲に理解されにくいという点です。
周囲から理解が得られず我慢を強要されたり、わがままだと
非難されてしまったりすることも少なくないのが現状です。

発達障害による特性はなかなか周囲から理解されにくい部分があります。
しかし本人は耐え難い苦痛やストレス、不安の中で
生活しているのですから、一刻も早い支援・サポートが必要です。

私達は放課後等デイサービスの教室で、発達障害やその特性を持つ
子ども達に療育支援を提供しています。
発達障害による症状や特性はなくなることはありませんが、
子どものうちに適切な療育を受けることで少しずつ改善され、
生活がしやすくなっていきます。

子ども達が5年後や10年後、社会に出た時にスムーズに
生活が送れるように早期の療育支援が何より大切です。
私達の教室は全国にフランチャイズ展開していて、
児童デイや放課後デイで子ども達をサポートしています。
子ども達を支援する教室をフランチャイズで始めたい方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.