知的障害の原因や合併症には様々なものがあります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-02-16

知的障害の原因になるものは様々あり、合併症も多岐に渡ります。
知的障害の症状としては、「言語能力の遅れ」「社会性の遅れ」
「運動能力の遅れ」などが見られます。

また、ダウン症や自閉症スペクトラム障害など発達障害との合併も
よくあり、その障害によって発見できる時期にも差がでてきます。
そのため、療育を始める年齢も様々ですが、
できるだけ早い時期に療育を始めることが
症状の軽減、改善を促すことにつながります。

発達障害も知的障害も、根本的に治すことはできませんが、
言語能力、社会性、運動能力が身に付くことで、
子どもは格段に生活がしやすくなるのです。
療育を始めるのが早いほど、こうした可能性が大きくなるので、
気になることがあれば注意深く観察し、専門機関に相談し、
治療や療育を始めることが大切です。

私達の放課後等デイサービスでは、発達障害や知的障害を持つ
子ども達に療育を行い、将来の自立した生活を目指して支援をしています。
主軸の運動療育では、脳機能にアプローチする独自のプログラムで
運動能力や体力だけでなく、言葉の発達や考える力、判断力、記憶力や集中力、
そして社会性の発達にも力を入れています。

この運動プログラムを用いたフランチャイズの教室を開きませんか。
私達がサポートしますので、ぜひ下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.