知的な遅れがなくても社会生活に適応できない高機能広汎性発達障害の子ども達がいます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-07-15

高機能広汎性発達障害は、広汎性発達障害の中でも知的な発達は平均以上である子達が当てはまり、
アスペルガー症候群のほとんどと、一部の自閉症も含まれています。
知的な遅れはないのですが、「対人関係の問題」「コミュニケーションの問題」「異常なまでのこだわり」
といった症状があり、その程度は個々によって違いますが、
なかなか社会生活を円滑に送っていくことができません。

それが、友達ができない、グループに入れなくて浮いてしまうといったことや、
周囲から誤解やいじめを受けることにつながる場合があり、
不登校や精神的な症状まで誘発してしまうことが少なくありません。

こうしたことを避けるためにも、発達障害がわかったら早期に対応することが大切です。
適切な療育を受けることで気になる症状は改善します。
私たちも放課後等デイサービスで療育を提供していますが、
子ども達が日に日に成長し、笑顔が増えていく姿を目の当たりにしています。
子ども達の将来が明るい希望に満ち溢れたものになるように、
5年後10年後の姿を見据えた支援を心がけています。

教室は全国にフランチャイズ展開しています。
教室を始めて、子ども達の笑顔を増やす活動を一緒にしていきませんか?

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.