発達障害特有の症状は子どもの自己肯定感低下につながるので早期療育が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-04-13

発達障害を持つ子ども達には、その障害特有の様々な特性があります。
友達と一緒に遊ぶのが苦手だったり、集中力のコントロールが苦手だったり、
感覚の過敏さがあったり、身体の使い方が不器用だったりと
その子によって様々な特性、困難がありますが、
周囲の支援や環境の工夫などで改善できることも多いです。

しかし、考え方や感じ方のズレはなかなか修正するのが難しく、
お互いの誤解を招いてトラブルになってしまうことが
どうしてもあります。
例えば、注意されると極端に自分を責めたり、相手に激怒してしまう。
少しからかわれると、相手に嫌われていると落ち込んでしまう。
などこうした問題は、子どもの自己肯定感の低下に
つながりやすいですが、その都度説明して対応していくしかありません。

発達障害の子ども達は日々多くの不安やストレスの中で生活をしていて、
年齢を重ねるごとに人間関係でのストレスが大きくなってきます。
できるだけ早期の対応で子ども達のストレスや困り事を減らし、
生きやすくしてあげる支援が必要です。

私達は放課後等デイサービスの教室で、発達障害特性を持つ子ども達に
運動療育を主軸とした療育支援を提供しています。
早期の療育で個々の困り事を改善していきながら
将来安心して自立した生活を送れるように支援していきます。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスのフランチャイズによる教室運営に
興味をお持ちの方はぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.