発達障害特性を持ち支援が必要な子はクラスに1人から2人いるとされています。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-04-18

小学校のクラスの中には、いつも落ち着きがない、忘れ物が極端に多い、
言葉や行動の乱暴さが目立ち、トラブルが多くて先生に
怒られてばかりいる、友達の輪に入るのが苦手でいつも1人でいる、
といったような「気になる子」がいます。

こうした様々な特性を持ち、実は支援を必要としているという子が
クラスに1人~2人はいると言われています。

今は発達障害の認知度や理解度も高まってきていますが、
まだ多くの人に正しい理解がされているとはいえません。
発達障害は先天的に発達に凹凸があり、社会生活で必要な
様々なスキルが身につけにくい状態です。
そのため、周囲の人の理解や支援が必要になります。

そして、できるだけ早い段階からの療育開始も大切です。
子どものうちに適切な療育を受けておくことで
発達障害による症状の改善ができたり、自分の特性への
対処法を身に付けていくことがスムーズになります。
また、発達障害での大きな問題である二次障害も
防ぐことができます。
それは本人の生きやすさにつながることなので、
発達障害では早期発見・早期療育開始が大切なのです。

私達はこうした子ども達を支援サポートする放課後等デイサービスの
教室を、フランチャイズで全国に展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ一度、下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.