発達障害特性ゆえの問題行動には原因の見極めと適切な対応が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-04-05

発達障害を持つ子ども達は、様々な問題行動や不適応行動を
起こすことがあります。
パニックやかんしゃく、じっと座っていられない、他害行為や
自傷行為など、発達障害特性ゆえのこうした行動には、
必ず原因やきっかけになるものがあります。

言葉のやりとりができる場合は、まずは子どもの話をよく聞くこと、
うまく言葉にできない場合は子どもの気持ちを言語化してあげたり
気持ちを受け止めてあげることも大切です。
そして、問題行動は事前の配慮や対策によって防げることが
多いので、原因をしっかり見極めておき、
次からは問題行動を起こす前に回避することも大事になります。

周囲から見ると問題行動になってしまいますが、
本人からすると他にどうしようもなく、したくてしているわけではなく
とても苦しんでいるということが多いので、
しっかりと1つ1つに適切に対応していくことで
問題行動や不適応行動と呼ばれるものを減らしていく必要があります。

私達は放課後等デイサービスの教室で、発達障害特性を持つ子ども達に
療育活動を提供していますが、適切な療育によって
こうした行動はかなり減っていきます。
それは、イコール子ども達の生きやすさにつながるので、
1人1人の特性に合わせた働きかけや関わりを大事にしています。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開し、運動療育や学習サポートを
中心として療育活動を行なっています。
放課後等デイサービスのフランチャイズでの教室運営に
興味をお持ちの方は、ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.