発達障害特性に合った支援が困り事を減らし生活のしやすさにつながります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-03-26

発達障害を持つ人達は、日々の生活の中でとても多くの困り事を
抱えながらストレスの多い生活を強いられていることがあります。
その困り事は1人1人違っていて、どんな支援が必要かも
1人1人で変わってきます。

しかし、目が見えにくい人には眼鏡があったり盲導犬と
暮らしている人もいます。
耳が聞こえにくい人には補聴器や手話があり、
足が悪くて歩けない人には車椅子があるように、
発達障害の人達にも生活がしやすくなるような助けが必要です。
ちょっとした工夫や配慮があれば、安心してその人らしい生活を
送れることにつながるのです。

発達障害は一見してわかる障害ではなく、その人がどんなことで
どんな風に困っているのかわかりにくいので、
どんな支援が必要なのかを判断するのも難しいのですが、
まずはその人の特性を理解することが支援の第一歩です。

私達は放課後等デイサービスの教室で、発達障害やその特性を持つ
子ども達、その他ダウン症などの障害を持つ子ども達に
運動療育を主軸とした療育活動を提供しています。
その子の特性に合わせた療育支援を行なうことで、
困っていた症状が軽減され問題行動や不適応行動と呼ばれるものも
減らしていくことができます。

早期に必要な支援を行ない、子ども達が安心して日々の生活を
送りながら将来の自立した生活を目指していけるように、
放課後等デイサービスの教室を開いてみませんか。
私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.