発達障害特性による苦手や困り感を減らすには丁寧な療育が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2019-02-27

発達障害やその特性を持つ子ども達の中には、
衣服の着替えや歯磨き、顔を洗うなどの
日常生活での動作を嫌がることがよくあります。

こういう時は、必ずその子が嫌がる理由や原因を
知ることが重要です。
着替えを嫌がるのは、服の肌に当たる感触やタグが
不快なのかもしれないし、下着、ズボン、上着、靴下、
と数が多くて順番や向きがわかりにくい、
またはボタンが小さくてやりにくいなど、
他のところに理由があるかもしれません。

嫌がる理由は個々に違い、克服しやすいやり方も
個々に違います。
1人1人に合わせて、写真や絵などで順番ややり方を
視覚的に示したり、服を選ぶ時に素材や作りに気をつけたり、
苦手なものに少しずつ慣れるように工夫していく、
どうしても無理なら他の方法を探すといった
丁寧な対応が求められます。

多くの場合は、成長や経験と共に苦手だったことも
少しずつ克服できたり、生活に支障がない程度まで
できるようになったり少しずつ変化していくので、
まずは本人の困り感を減らせるように
サポートしていくことが大切になります。

放課後等デイサービスの教室では、こうした子ども達の
日々感じている困り感を減らし、生活しやすくなるような
サポート、そして将来的な自立した社会生活を
目指した支援を行っています。
子ども達が自分に自信を持って、社会の中で自分らしく
生きていけるように療育支援を提供する
放課後等デイサービスの教室を始めてみませんか。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開しています。
教室の運営に興味をお持ちの方はぜひ下記まで
ご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.