発達障害特性による生き辛さを減らしながら能力を伸ばす療育が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2019-04-02

発達障害やその特性を持つ子ども達の中には、
様々な感覚の過敏によって日常生活に支障を
きたしているという子ども達がとても多くいます。
視覚や聴覚などの過敏によって学校にいるだけで
疲れてしまって、教室がざわつくと辛くていられず
飛び出すしかなかったり、早退して寝込んでしまうほど
辛い思いをしている子もたくさんいます。

また、感覚が過敏なことに加えて自分の感情や行動の
コントロールが苦手なことも、社会生活を送っていく中での
困難さや疲労感を大きくします。

常にこうした状態の中で生活をしている子ども達の
ストレスは相当なもので、まずはストレスを減らして
あげることが重要になります。
そして能力を伸ばしやすい状態で、療育によって
効果的に力をつけていける働きかけが必要です。

私たちの放課後等デイサービスでは、運動療育を主軸として
療育活動を行なっています。
提供しているのは、独自の運動プログラムによる
運動あそびです。
楽しく行なう運動ではストレスを減らしたり、
脳機能を高めるなどの効果があり、
心や脳を良い状態に持っていくことができます。
能力を伸ばしやすい状態で個々に合った療育を行なうことが
できるので、子ども達はそれぞれに必要な力を
楽しみながらしっかりと身に付けていくことができます。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.