発達障害特性には早期の療育支援が効果的で最も重要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-05-21

発達障害の中でも、知的な遅れのないASD(自閉症スペクトラム)や
ADHD、LD(学習障害)は、全体的な発達に遅れがあるわけでは
ないので、症状が軽度だと気付きにくいとも言われます。
しかし、実際は3歳頃までの間に極度なこだわりや
コミュニケーションの特徴、常にじっとしていられないなど
何らかの子どもの特性に気付くことが多いようです。

発達障害の診断の有無に関わらず、早期に療育支援を
始めることで困っていた症状が軽減しやすくなり、
苦手なことへの対処法を早期に身につけることもできます。
また、症状が軽度だったりグレーゾーンの子ども達では、
適切な関わりを続けていくことで支援が必要なくなる場合もあります。

発達障害は先天的な脳機能障害で、現れている症状は
脳の特性によるものです。
そのため、「治る」ということはありませんが
日常生活での困難を減らせるように改善・軽減していくことは
十分可能です。

それには子どもの頃からの療育活動がとても大切になります。
早期に療育支援を受け、子ども達が感じている不安やストレス、
困難を減らしながら将来の自立に向けて活動していくことが大切です。

私達は放課後等デイサービスの教室を開き、
支援を必要としている発達障害やその特性を持つ子ども達、
その他障害によって困難のある子ども達に
療育活動を提供し、サポートを行なっています。

私達の教室は独自の運動療育プログラムを主軸として
全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ私達にご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.