発達障害特性がある子ども達が生きやすくなるための支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-10-12

発達障害ではないいわゆる定型発達の人達でも、
どうしても苦手なことやがんばってもうまくできないことの
1つや2つはあるものです。
人前で話すのが苦手、運動が苦手、歌が苦手など、
子どもの頃からそれをうまく避けてきたり、
なんとか努力や工夫をして乗り切ってきたという人も
多いのではないでしょうか。

発達障害という特性を持つ子ども達にとっては、
そういうできないことが極端に多かったり、
努力や工夫だけでは乗り切れないほど苦手だったりするのです。
そのため、日常生活のあらゆる場面で生き辛さ、
困り事を感じながら生活を送っていることが多く、
それによって自信をなくしてしまい、様々な二次障害を
併発してしまうことも少なくありません。

もし、彼らの苦手なことを補うための便利なツールや
環境が整っていれば困り感は大きく減り、
自分らしく、生きやすくなると思います。

また、自分の「好き」や「得意」を伸ばしていくことで、
苦手を克服したり、進路を切り開いていくことにもつながるので、
そのためにも早期の適切な支援が大切になります。

私達は放課後等デイサービスの教室で子ども達に療育を
提供していますが、1人1人が今抱えている困難さを
改善・軽減しながら、将来につながる支援・サポートを心がけて
療育活動を行なっています。

私達の教室は全国に広くフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.