発達障害児への関わりでは、子どもの行動を分類し冷静に受け止めることが必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-02-21

発達障害のある子どもの子育てをしていく中では、
定型発達の子どもの子育てにはないストレスや悩みがあるものです。
これによって親御さんの気持ちに余裕がなくなると、
何かして欲しくない行動があった時に
つい子どもを頭ごなしにしかってしまったりするので、
子どもは自信を無くし、行動の改善にもつながりにくくなります。

まずは子どもの行動について分類してみるというやり方があります。
1、好ましい行動
2、好ましくない行動
3、すぐにやめさせたい危険な行動
好ましい行動については即座に具体的に褒めたり、
好ましくない行動については無視をうまく活用したり、
危険な行動は繰り返さないように、根気良く伝えていくことも必要になります。

子どもによって対応の仕方を変えていく臨機応変さも必要です。
大事なことは子どもの自己肯定感を下げない関わり、
良いところは伸ばし、苦手なところは少しずつ補っていくことです。

私達は放課後等デイサービスで、様々な発達障害を持つ子ども達を支援しています。
子ども達1人1人の特性を見極めながら、運動療育や学習サポートを行っています。
日々の活動の中で生活力向上を目指せるように、
子どもが楽しく自主的に参加できる活動を大切にしています。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開しています。
発達障害を持つ子ども達を支援する教室を始めたい方は、
ぜひ私達にご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.