発達障害児への対応に唯一絶対の方法はありません。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-12-12

以前と比べて、発達障害という言葉は一般的に知られるように
なってきています。
近頃ではメディアでも頻繁に取り上げられていて、
情報や知識としては知っている、という方は
とても増えていると思います。

ですが、実際に発達障害の子ども達を前にすると
どう接したら良いかわからない、
行動が理解できないと途方にくれてしまう方が
大半ではないでしょうか。

発達障害と一言で言っても子ども達の持っている症状や
特性は1人1人で異なります。
そのため、こうすれば必ずうまくいくというものは
ありません。
1人1人の子どもの状態をよく見て、子どもの行動の原因や
それに対する接し方の手がかりなどを探ることが大切です。
一見理解できないような行動でも、必ずそこには理由があるので
あきらめずにその子のペースに合わせて成長を促していく
働きかけや支援が必要です。

私たちは放課後等デイサービスの教室を開き、
発達障害やその特性を持ち生き辛さを抱えている子ども達に
療育支援を行なっています。
障害があってもなくても子育ての基本は同じということを
念頭におきながら、1人1人に合った療育カリキュラムで
将来を見据えた支援・サポートを大事にしています。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.