発達障害児の育児では親の会を上手に利用することも大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-04-21

発達障害児の育児では苦労が多く、
親が悩みやストレスを抱えこんでしまわないようにと
全国にはたくさんの「親の会」があります。
大きな組織のものから小さなつながりのものまで様々です。

そして活動内容は、会員同士の情報交換や講演会活動、
啓発活動などが主なものです。
他にも、相談会があったりイベントがあったりするようです。
大きな会では専門的な知識が得られたり、
小さな会では同じ悩みを持つ親同士で悩みを共有したりと、
それぞれにメリットがあります。

自分が求めているものが何なのかで
入る親の会を選択することが良いと思います。

また、子どもへの療育活動もとても大切です。
私達は放課後等デイサービスの教室を全国に開き、
発達障害の子ども達に様々な療育活動を提供しています。

早期に適切な療育を受けておくことで、
子ども本人も親も生活がしやすくなります。
少しずつ確実に症状が改善してくることで、
小学校や中学校に上がる時、通常学級に通えるようになったり、
通級で通うことができるようになる子もたくさんいます。

子ども達を支援する教室を、フランチャイズで始めたい方は、
ぜひ下記までご連絡ください。
私達が教室運営をサポートします。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.