発達障害児の問題行動を減らすには原因の見極めが重要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-02-28

発達障害がある子ども達は、かんしゃくを起こしたり、
忘れ物が多い、自傷行為やこだわり行動など、
どうしても問題行動にばかり
目が行ってしまうことが多いですが、
そんな問題行動に裏にはちゃんと原因になっていることがあるのです。

子どもの特性を周囲が理解していないことや、
適切な支援を受けられていないことがストレスとなって
問題行動につながっていることも多いので、
言葉で伝えることが苦手な子ども達ですが、
よく観察し、原因をつきとめ、それを排除してあげるといった
周囲の支援がとても大切なのです。
大事な事は、問題行動への対処ではなく、その原因への対処です。

発達障害のある子ども達は、普段から他の子達よりも強い
ストレスや不安がある状態だといわれているので、
少しでもそれらを減らし、生きやすくしてあげなければなりません。

私達も放課後等デイサービスで療育を提供していますが、
いつもそのようなことに配慮して活動しています。
子ども達が成長して社会に出る時に、
安心して生活ができるようにサポートをしています。

子ども達の将来のために、フランチャイズで教室を開いてみませんか?
興味をお持ちの方はぜひ下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.