発達障害児と定型発達児の育児は大変さが違います。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-07-24

定型発達の子どもでも、子育ては当然大変なものです。
言うことを聞かない、すぐに泣きわめく、
それでも、次第にコミュニケーションがとれるようになったり、
こちらも対処法を見つけることができてきて、
成長とともに良くなっていきます。

しかし、発達障害の子ではそうはいきません。
言葉で言っても理解できないので、指示が伝わらない。
発達障害による多動は動きが読めず危ないこともある。
理解の範囲を超えるほどのこだわり。
そして手がつけられないパニックやかんしゃく。

それでも初めての子育てでは、子育ては大変なものだからと
親も無理をして限界までがんばってしまうことがあります。
発達障害のあるお子さんを育てている方が
精神的に参ってしまうことは少なくありません。
そうなってしまうと子どもへの支援にも影響が出てきます。

そうならないためにも早期発見、早期療育の開始が必要です。
疑心暗鬼になってしまっては良くないですが、
違和感を感じることが続いたり、乳幼児健診で指摘されることが
あれば、専門家に相談してみるのが良いかもしれません。
発達障害の診断まではいかなくても、
適切なサポートを受けることで日常で困っていることが
改善できる場合が多くなります。

放課後等デイサービスは、そうした発達障害グレーゾーンの
子ども達にも療育を提供しています。
私達の教室でも、運動療育や学習サポートなど
子どもに合った療育を行ない、発達を促しています。

教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
教室の運営に興味をお持ちの方はぜひご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.