発達障害へは個々に合わせた関わり、支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2019-12-02

子どもが発達障害と診断されたり、
その疑いがあると指摘された保護者の方は、
これからどうすればいいのかとても悩まれると思います。
そして、いろいろなツールを使って調べてみたり
専門家に相談してみたりしますが、
知りたいのは発達障害というものの知識というよりは
もっと具体的に自分の子どもの持っている特性や、
感じている困りごと、それに対してどんな対処法が
あるのか、どう関わっていけば良いのかということです。

発達障害は、ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD
という分類はあっても、一人ひとりその特性や症状は違います。
なので、一般的な情報よりも子ども一人ひとりに合わせた
関わりや対処法を知ることが必要になるのです。

私たちの放課後等デイサービスの教室では、
一人ひとりのニーズに合わせた療育を提供し支援しています。
また、発達障害の症状やそれによる困りごとは
周囲の環境や年を重ねるごとに変化していくので、
その都度臨機応変に対応していく必要があり
専門知識や経験が必要になります。

私たちの教室では子どもの発達の専門知識や経験を
有した職員が子ども達を丁寧にサポートしていて、
独自の療育プログラムを用いているので
全国の保護者の方にもとても好評をいただいています。

教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.