発達障害への療育は早期に開始することが重要です。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-05-11

発達障害は、ADHD、自閉症スペクトラムなどがあり、
その症状や程度は人によって様々です。
そのため、幼いうちから何かしらの症状があっても大人になるまで気付かず、
本人は大きなストレスを抱えて二次障害を併発しているということもあります。
例えばADHDの人が大人になって苦労する点は、
どんなに気を付けようと思っても忘れ物をしてしまう。
時間や期限を守れない。
ケアレスミスが多い。
片付けや物事の段取りができない。
空気を読んだ発言や行動ができず人を怒らせたり傷付けたりしてしまう。
といったようなことがあり、本人にはまったく悪気はないし
むしろ治したいと思っているのに治せないので精神的に病んでしまうのです。

ADHDも生まれつきの脳機能障害なので、自然に治ったり、
薬で完治するものではありません。
しかし、子どものうちから適切な療育を受けておくことで
大人になる頃には症状が大きく改善し、気にならなくなることもあります。
療育は、できるだけ早く開始することがとても大切なのです。

私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズでも
発達障害を持った子ども達に療育を提供しています。
発達障害は先天性の脳機能の問題なので、脳機能を向上させる効果のある運動プログラムを用いて
子ども達1人1人の特徴に沿った内容で指導をしています。
教室への行き来は送迎つきなので、保護者の方の負担を減らし、
安心して通っていただけるようになっています。
このような教室はまだまだ需要があります。
子ども達の明るい未来のために、ぜひ教室を開いてみませんか?

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.