発達障害への療育は子どもの気持ちを一番に考えることが大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-07-14

私達が人と会話をする時には、注意力を働かせて相手の言葉を
聞き取り、その情報を一時的に記憶に留めたり、
同じ発音の言葉や言葉の省略などがあった場合は
文脈からその意味を考えるといったことを
無意識のうちにやっています。

発達障害の子ども達の中にはこれがうまくできず、
人の話を聞き取ったり、会話をすることが苦手な子がいます。
また、話したい内容が頭の中でうまくまとめられなかったり、
話が飛んでしまったりして会話が困難なこともあります。

考えを紙に書いてまとめたり、伝える側が工夫をしたり、
対処法はいろいろとありますので、
その子に一番合った方法で対処、支援をしていく必要があります。

どんなに良いといわれている方法でも、本人に合っていなければ
効果は期待できず、ただ辛いだけの療育の時間になってしまったり
信頼関係を崩すことにもつながりかねません。
子どもの気持ちを一番に考えながら、焦らずその子のペースで
療育活動を行なっていくことが大切です。

私達の放課後等デイサービスの教室は、
運動療育や学習サポートなど様々な療育を提供する総合教室です。
一人一人に最適な療育を提供できるように、
日々子ども達との関わりを大切にしています。

教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
発達障害やその特性に悩む子ども達を支援する教室を
開きたい方は、ぜひ下記までご連絡ください。
教室の開所に向けて私達がしっかりサポートいたします。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.