発達障害への対応で最も重要なのは二次障害を防ぐことです。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-07-27

発達障害にはASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)
などがあり、それぞれに特徴的な症状を持ち合わせ
様々な困難、困り事を抱えています。

それは生まれつきの脳機能の問題からくるもので、
予防したり治療によって症状を無くすことはできませんが、
それを放置したり不適切に対応をしてしまうと
そこからうつや不安障害などの精神的な二次障害を
引き起こしてしまうことがあります。

精神障害を二次的に発症してしまうと、発達障害との合併により
症状が複雑になり、生活への支障が大きくなります。
また、その対応も難しくなってしまいます。
できるだけ早い段階で療育を開始し、適切な関わりを持つことで
二次障害を防いでいくことが発達障害への対応の中では
とても重要になります。

私達は放課後等デイサービスの教室で、発達障害やその特性を持つ
子ども達、その他障害を持ち支援を必要としている子ども達に
個々の症状や特性に合わせた療育活動を提供しています。
自分に合った療育を受けることで、効果的に症状の改善・軽減が見込め、
自分自身の特性に合わせた環境調整や生活の工夫を
見出していくことができてきます。

子ども達の毎日が安心できる暮らしやすいものになるように、
きめ細やかな対応をしていくように心がけています。
私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.