発達障害は遺伝性の強い脳機能障害です。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-01-04

広汎性発達障害などの発達障害は、先天性の脳機能異常によって起こります。
これは、遺伝性が強いものなので、もし親が発達障害があって
自分に疑われる症状があった場合は検査してみたほうが良いといえます。
症状があってもなかなか気がつかずに苦しみに耐えて、
大人になってから診断されてやっと気がつくということもよくあります。

発達障害があれば、脳機能が正常に働かない状態なので
他の人と同じように行動したり考えたりすることが難しいのです。
この場合、気がついた段階からできるだけ早期に療育を行い、
症状の改善をはかることが必要です。

私達の放課後等デイサービスのフランチャイズには、
成人は通うことはできませんが、2、3歳から高校生頃まで通うことができます。
子ども一人一人に合わせて療育カリキュラムを提供できるので、
さまざまな問題を抱えた子も通うことができます。
送迎つきなので、保護者の負担も減らせるのも人気の理由の一つです。
ぜひ教室を増やし、大勢の発達障害児とその家族の手助けをしていきましょう。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.