発達障害は適切な支援によって成長し暮らしやすくなります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-08-09

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)などの
発達障害は先天的なもので、一生付き合っていく障害では
ありますが、適切に支援・サポートを受けることができれば
その子のペースで成長し、適応していくことが可能です。

障害だから成長しないとか、障害だから問題行動も仕方ないと
放置してしまうのではなく、障害を持ちながらも
社会の中で適応し安心して暮らしやすい生活が送れるように
その子に合った方法で支援やサポートをしてあげることが
必要です。

今は発達障害に対する認識や理解も広がってきていますが、
まだまだ発達障害の人達が辛い思いをしている部分が
とても多くあります。
まずは周囲の人がその子の発達障害について正しく理解し
知っておくことが大切です。

そして、子ども自身も療育活動によって症状を和らげたり
自分の特性への対処法を見つけておくといったことが大切です。
私達は放課後等デイサービスの教室を開き、
発達障害やその特性を持つグレーゾーンの子ども達、
その他障害を持つ子ども達に療育支援を行なっています。

主軸は運動療育で、1人1人に合わせた療育カリキュラムに
よってそれぞれの困り事の改善や必要なスキルの習得に
つなげていきます。
私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.