発達障害は複数合併していたり知的障害や精神障害を伴うこともあります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-01-26

発達障害には、主に広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)、
ADHD、学習障害の3つに分類されており、
先天性の脳機能障害により発達に遅れが生じる障害です。
中には複数の発達障害を合併していたり、
知的障害や精神障害が合併していることもあります。

発達障害は先天性であり、生涯付き合っていくものです。
社会性、コミュニケーション、対人関係などに問題があると
生活がしにくく、本人にとって大きなストレスになります。
成長と共にそうした問題は本人を悩ませ、
それが精神障害などにもつながってしまうので、
早期に療育に取り組むことがとても重要になります。

私達の放課後等デイサービスでも、発達障害の子ども達に療育を提供し、
本来持っている力を最大限に引き出して、
生活力向上や将来的な自立を目指して支援をしています。
発達障害は治るものではありませんが、
症状が改善してくることで必ず生活はしやすくなります。

子ども達と楽しく体を動かしながら、心・体・脳を育てる教室を
フランチャイズで始めてみませんか。
ぜひ、下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.