発達障害は理解されにくいのも特徴で多くの苦労を強いられていることもあります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-09-21

発達障害の子ども達は学校などの集団生活の場で、
他の人には想像もつかないような多くの苦労をし、不安やストレスの
多い生活を強いられていることがあります。

言葉を聞き取って理解するのが苦手なのに、早口でいろいろな言葉で
指示をされて情報処理が追いつかず困っていたり、
ざわざわした場所が苦手で不安でたまらないのに、
体育館などでの全体活動に無理矢理参加させられていたり、
手先に力が入らなかったりうまく鉛筆を持てないので、
文字を書くのにとても苦労していたり、
身体の性質上、姿勢を保って座っていることが苦手で、
座っているだけで疲れるのに注意ばかりされる、など
生活面や学習面でとても多くの困難を感じているのに、
なかなか理解してもらえない、支援を受けられていない場合があります。

見た目ではわからず、知的な遅れが必ずしもあるわけではないことや、
全ての発達で遅れているわけではないことなど、
なかなか周囲に理解してもらいにくいのも発達障害の特徴です。

ただ、彼らは多大なストレスや不安、苦痛を感じながら生活している
ことが多いので、少しでも早く適切な支援をする必要があります。

私達は放課後等デイサービスの教室で、学校の終わった放課後や
長期休暇を利用して子ども達に療育支援を行なっています。
ただ預かるだけではなく、運動療育や学習サポートを通して
子ども達の能力を引き出し、心と身体と脳の発達を促していきます。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
教室運営に興味をお持ちの方はぜひ下記までご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.