発達障害は治りませんが適切な対応で社会に適応し才能を活かすこともできます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-09-08

ASD(自閉症スペクトラム)ADHD(注意欠如多動性障害)、
LD(学習障害)などの発達障害は、病気とは違うので治ることは
ありませんが、環境調整や適切な接し方をしていけば
日常生活での困難は減り、社会に適応することができてきます。

そして、持っている特性を長所として活かした仕事についたり、
他の人にはない素晴らしい才能を開花させる人もいます。

大事なことは、正しい理解と早期の適切な療育支援です。
発達障害やその特性を持ち、生活の中で困難を抱えている子ども達には
1人1人に合った支援やサポートが必要です。

私達も放課後等デイサービスの教室を全国に展開し、
多くの子ども達に運動療育を主軸とした療育活動を提供しています。

運動療育では、運動を好きになれるような楽しい運動あそびで
体と頭を使って遊びます。
その中で、友達と協力したり、相手を思いやる、順番を守る、といった
社会性やコミュニケーション能力、言葉の発達を促しながら
日常生活に役立つ基礎筋力や体力を育てています。
そして、運動によって集中力や記憶力を高め、学習にも活かしていきます。

子ども達1人1人が自分に自信を持ちながら成長していけるように
サポートしていく教室です。
このような放課後等デイサービスの教室を、フランチャイズで始めてみませんか。
教室運営に興味をお持ちの方は、ぜひ下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.