発達障害は様々な検査から総合的に診断していきます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-07-04

発達障害の診断は、脳波やMRI検査だけではできません。
聞き取りや行動観察、発達検査や知能検査など
様々なことから総合的に判断していきます。

子どもに発達障害があるのではと思った時、
自分だけで医療機関を探すのは大変なことでもあるので、
まずは地域の専門機関で相談してみるのも1つの方法です。
子どもであれば保健センターや子育て支援センター、
児童発達支援センターなど、無料で相談できる場所が複数あります。

何よりも早期の気付きが、発達障害による症状の改善につながり
本人のストレスや不安を減らすことにもなるので、
気になる場合はまずは相談してみることが大切です。
そして、支援の必要があれば療育施設で療育を受けることで
子ども達の成長・発達を支援することが大切になります。

私達も放課後等デイサービスの教室を全国に展開し、
発達障害特性を持つ子ども達を支援しています。
療育は運動療育や学習サポートなど様々な面から行い、
子ども達の発達を促しています。

運動療育で用いているのは、脳機能を高める効果があると認められた
運動療育プログラムで、楽しく運動あそびをしながら
日常生活に役立つ力を身につけていくことができます。

私達の放課後等デイサービスは、全国にフランチャイズ展開
しているので、教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡ください。
教室開所に向けてしっかりとサポート致します。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.