発達障害の症状を抑えることで防げる怪我や事故があります。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-04-19

発達障害を持つ子ども達は、こちらの想像を超えるような行動をすることがあります。
通常、小さい子どもはお母さんのそばにくっついていたり、
離れてもしばらくお母さんの姿が見えないと不安になって探したりします。
しかし、お母さんに対しても興味や執着がないと
目を離したすきにすぐどこかへ走っていってしまったり、
見えないほど遠くにでも平気で行ってしまうことがあります。
これが安全な場所なら良いですが、道路や駐車場だったりすると
命の危険にかかわります。
大きくなれば言葉や絵カードなどで理解させる方法もありますが、
1歳2歳の幼い頃はそれも難しく苦労が絶えないと思います。

発達障害の症状が起きる原因は、脳の機能障害によるものなので、
脳の機能を高めてあげることで症状を改善していくことができます。
私たちの放課後等デイサービスでは、脳機能を向上させることがわかっている
運動療育プログラムを用い、子ども達に療育を提供しています。

子どものうちに療育で症状を軽減させておくことで、今後の社会への適応力が上がり
その子や家族のストレス、負担を減らすことにつながります。
この効果的な療育で生活しやすいようにサポートしていきたいと思います。

私たちの教室はフランチャイズ展開しています。
興味を持たれた方はいつでもご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.