発達障害の特性による人とのトラブルや暴力で悩んでいる方も多いです。 

2020-05-14

発達障害を持つ子ども達の特性は様々で、
その対応は簡単ではありませんが、
中でも「暴力」に悩んでいる方は少なくありません。

暴力が多くなってしまうのは性格の問題ではなく、
障害特性によってできないことや不快なこと、
ストレスが多くなりがちで、
しかもそれを言葉にして伝えることもうまく出来ない
もどかしさから、イライラして友達や家族に手をあげてしまう。
というケースが多いです。
衝動性が抑えられないという特性も重なればなおさらです。

ですが、暴力は絶対にいけません。
一旦暴力を許してしまってそれが日常化してしまうと、
後からそれを修正するのはとても大変なので、
できるだけ早い段階での対処が重要です。
その子に合った方法で少しずつ良い方向に導きながら、
ストレスやイライラの原因を減らせるように
支援・サポートをしていくことが大切です。

私たちは放課後等デイサービスの教室で、
子ども達がスムーズな社会生活を送っていくために
必要なスキルをしっかりと身に付けていけるように、
個々の療育カリキュラムでサポートしています。

教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.