発達障害の特性によって勉強がうまくいかず悩んでいる子ども達をサポートします。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-07-10

発達障害を持つ子ども達の中には、個々に持っている特性によって
勉強がうまくいかず、苦手になってしまう子がいます。
例えば、いろいろなことに気が散ってしまい授業に集中できない。
ワーキングメモリが低いことで、今教わったことをすぐに
忘れてしまう。
紙に文字を書くのが苦手で追いつけない。
先生の指示を聞き取るのが苦手で何をしたら良いかわからない。
などの様々な理由から、勉強することが嫌いになってしまったり
苦手意識を持ってしまう子がたくさんいます。

発達障害特性を持つ子ども達には、他の子と同じやり方ではなく
その子に合わせた方法で指導することで、自信を無くさず
その子のペースで力を伸ばすことができます。
環境を整えたり、理解しやすい方法や苦手なことばかりをやらせなくても
良い方法を考えたりしながら、スモールステップで進め、
何より本人が「やりたい」という気持ちを持って取り組めるような
工夫が大切になります。

私たちは放課後等デイサービスの教室で、発達障害やその特性を持つ
子ども達、その他障害を持つ子ども達に療育活動を提供しています。
運動あそびによる運動療育を主軸とし、学習サポートなど
1人1人に合わせた療育カリキュラムで無理なく効果的に
スキルアップを目指すことができます。
そして日々の困り事を減らし、安心してスムーズに生活し、
将来の自立にもつなげていけるようにサポートしていきます。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.