発達障害の様々な特性により人との会話が苦手な子ども達が多くいます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-11-28

私達が普段何気なくしている「会話」は、実はとても高度なことです。
相手の言葉を聞いて理解し、それと同時に相手の表情や声のトーン、
微妙な言い回しや前後の脈略などとても多くの情報を
一度に処理して返す言葉を選択して会話をしています。

発達障害のある子ども達には、
相手の表情から汲みとったり察したりすることが苦手で
はっきりした物言いをしてしまったり、相手が冗談で言っていても
言葉を文面通りに受け取って傷ついたり、
人の話を聞かずに自分のことばかり話し続けてしまうなどの
特徴を持っている子が多いため、人とコミュニケーションをとることに
苦手意識のある子がとても多くいます。

会話をする力は一日や二日で身に付くものではありません。
日々のやりとりの中で根気良く丁寧に教えていくことで
少しずつ会話が続くようになり、友達とのトラブルなどを減らしていくことが
できるので、1つ1つその子のペースで習得していけるような支援が大切です。

人間関係の悩みやトラブルは、子どもが年齢を追うごとに増えやすく
早期の適切な支援が何よりも大切です。
発達障害や発達障害特性を持つグレーゾーンの子ども達、ダウン症や知的障害を
持つ子ども達が安心して落ち着いた生活をし、将来に向けて
多くの力を身に付けていけるように私達も放課後等デイサービスの教室で
個々にあわせた療育支援を提供しています。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開をしています。
放課後等デイサービスのフランチャイズでの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.