発達障害の子ども達は年齢と共にコミュニケーション面での悩みが多くなりがちです。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-03-19

発達障害のある子ども達は、年齢が上がるにつれて
友達付き合いや人とのコミュニケーション面での悩みが多くなりがちです。

発達障害の特性によって、人の話を聞くのが苦手だったり、
自分の興味のある話を延々と続けてしまったり、
様々なコミュニケーションの特徴があることで
友達とのトラブルが増えたり、友達の輪に入れなかったりします。
それによって人とコミュニケーションをとる機会が減り、
どんどん苦手になっていく悪循環になってしまうケースが
少なくありません。

ソーシャルスキルは経験から身に付けていくしかないので、
その子に合った方法で少しずつ習得していけるように
療育による支援が必要になります。

私達は放課後等デイサービスの教室を展開し、
発達障害特性を持つ子ども達に個々に合った療育支援を提供しています。
子ども達が将来社会に出た時にスムーズな社会生活が送れるように、
将来を見据えた支援をしながら子ども達のサポートを行なっています。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.